鹿児島県森林技術総合センター センターについて試験研究林業普及活動森林環境教育よくある相談かごしまの森林・林業研究生制度その他
リンク

〇 かごしまの森林・林業

〇 本県の森林・林業の現状

1 本県の森林面積

・ 本県の森林資源(令和3年4月現在)は、森林面積が約59万ヘクタールあり、県土の約65%を

 占めています。

・ この森林面積は全国では第12位、九州では第1位となっています。

・ 人工林面積は約27万ヘクタールで全国第11位、九州第3位であり、人工林率は46%です。

・ その所有形態を見ると、国有林が約15万ヘクタールで全体の26%を、民有林が44万ヘクター

 ルで全体の73%を占めています。 


2 スギ・ヒノキ人工林(民有林)の齢級別面積
・ 本県民有林のスギ・ヒノキ人工林の森林資源は、約18万ヘクタールあります。
・ 全体の約9割が利用可能な林齢に達するなど、資源は充実しつつ あり、木材供給可能量は増大
  しています。
 

3 民有林の森林蓄積の推移
・ 本県民有林の蓄積は、約1.2億立方メートルあります。

・ スギを中心に年々増加を続けてきましたが、近年は資源の成熟化に伴う年間成長量の低下や伐

   採量の増加などにより、近年は横ばいで推移しています。



4 主な林産物等の生産状況(令和2年度)
・ 本県の素材生産量は約118万立方メートルで、全国では第10位、九州では第4位に位置してい
   ます。
・ たけのこの生産量は約6,600トン、全国では第2位、九州では第2位に位置しています。

・ しいたけは、生しいたけの生産が多くなっています。

・ しきみ・さかき・ひさかきなど枝物の栽培もさかんで、全国有数の産地になっています。


5 主な林産物等の生産額の推移
・ 本県の林産物生産額は、平成2年をピークに減少が続いていましたが、平成17年を境に増加傾
   向に転じていました。しかし、平成30年度をピークに再び減少傾向となっています。


6 木材需要量の推移
・ 本県の木材需要は、主に一般用材が建築用柱などを製造する製材工場へ、チップ用材が県内の
   製紙パルプ工場へ、合板用材が隣県の合板製造工場へ、燃料用材が県内の木質バイオマス発電
   施設に向けて出荷されています

・ 一般用材は、大型木材加工施設の整備が近年進んだことに加え、中国への輸出が好調なことから
   増加傾向となっています。
・ 燃料用材は、平成26年度から木質バイオマス発電施設が整備され始めたことから、低質材の安
   定した供給先として期待されています。 


7 木材生産量・生産額の推移
・ 本県の令和2年度の木材生産量は約118万立方メートルです。
・ 木材需要が増大してきたことや、森林の成熟化に伴い主伐による木材生産が主体となったことなど
   から、近年増加傾向で推移しています。

・ 令和2年度の木材生産額は、約107億円で、平成29年から4年連続で100億円台をキープしてい

   ます。



8 県産材輸出の推移
・ 県内の志布志港や薩摩川内港、串木野港から、中国や韓国、台湾等に丸太が輸出されています。
・ 志布志港からの、県外産の丸太を含めた丸太輸出量は全国の約3割を占め、11年連続日本一に
なっています。
 


9 人工林伐採面積と再造林面積の現状
・ 人工林の伐採面積は、木材需要が増大してきたことや、森林の成熟化に伴い主伐による木材生産が
   主体となったことなどから、近年増加傾向で推移しています。

・ 人工林伐採跡地における再造林面積は、近年増加しているものの、再造林率は約4割で推移してい

   ます。

・ 令和2年度は対前年比12ポイント増の52%に上昇しました。


10 間伐実施面積の推移
・ 本県の令和2年度間伐実施面積は、約2,800ヘクタールです。
・ 以前は間伐を必要とする林齢(植栽してから16〜45年生)の森林が多いことから、重点的な取組に
   より成果を上げてきましたが、現在は対象森林がスギ・ヒノキ人工林の約2割まで減少してきたことから、
   年々減少傾向になっています。


11 林業就業者数と森林組合林業技能者数の推移
・ 本県の令和2年度の林業就業者数は、平成10年度の約半分となる1411人であり、近年は緩やかな
   減少傾向で推移しています。

・ 保育作業等を担う森林組合技能者は令和2事業年度末で430人であり、減少傾向にはありますが、

   40歳未満の割合が約3割を維持し年齢層の平準化が進んでいます。

 
12 高性能林業機械保有台数の推移
・ 林業の生産性の向上と労働強度の軽減を図るため、高性能林業機械の普及が近年急速に進んでい
   ます。

・ 本県の令和2年度末の高性能林業機械保有台数は10年前の3.6倍の437台になっています。

・ 全国では第6位、九州では第4位の規模になっています。




〇 各地域の森林・林業の現状

各地域の森林・林業の現状は下記のリンクでご確認ください。

・ 鹿児島地域

・ 南薩地域

・ 北薩地域

・ 姶良・伊佐地域

・ 大隅地域

➡ 大隅流域森林林業活性化センター

➡ 大隅流域森林林業活性化センターFB

・ 熊毛地域

➡ 熊毛流域森林林業活性化センターFB

・ 大島地域


〇 本県の森林・林業の施策
【基本理念】 「未来につなぐ多様で健全な森林づくり」と 「人が輝き地域が潤う林業・木材
産業の実現」を目指して

令和4年度は,担い手となる人材の確保・育成や森林施業の集約化を図りながら,計画
的 な間伐や
再造林等の森林整備を一層推進し,多様で健全な森林づくりに努めるととも
に,市町村が仲介役と
なり,森林所有者と林業経営者をつなぐ森林経営管理制度の円滑
な推進を図ります。また,林業の
成長産業化や「稼ぐ力」の向上に向けて,路網整備や
高性能林業機械の導入等による県産材の
安定的な 供給体制づくりや木材加工流通施設
等の整備による木材産業の競争力強化,公共施設
等の木造化・木質化,付加価値の
高い製材品等の輸出促進及びCLT等の普及などによる県産材
の需要拡大等を一体的
に 推進します。    

詳しくは令和4年度森林・林業施策の概要

〇 本県の森林・林業の統計

県庁ホームページをご確認ください。